SS

【SS】㉞89・85なんでもありの嵐!?ハーフ系美女のフェロモンに理性崩壊…

※念のため記載しておきますが、これは妄想です。いち作品としてお楽しみください※

どうも、SKB突撃隊です。

今回は

知名度がぐんぐん上がってきている、SS系セラピストさんとの妄想体験になります。
※SKB突撃隊調査です※

 

ハーフちゃんのフェロモンに導かれ・・・

場所は毎度おなじみの大阪某所。

関西の中でも知名度が高いセラピストさんが何名か在籍されている有名店舗さんです。

このセラピストには、何度か施術を受けていますが

特に最近は人気急上昇中・・・

彼女の事を考えていると施術を受けたい!! という気持ちが突如こみ上げてきてしまい

思い立ったが吉日。

時間が空いている日に施術が受けられるように予約を完了させます。

メンズエステの施術自体は何回も受けてきましたが、しっかり予約をして施術を受ける時は

やはりわくわくしますね(^^;)

加齢臭を気にせねばならないような歳になって、わくわくできる出来事があるというのは

ある意味幸せなのかもしれません(笑)

毎日自分を慰めている僕ですが

予約をした日→施術当日 の3日間、行為を自粛する

という、思春期の男子学生がしそうな謎のルールを守り

当日を迎えます。

(たかが三日なのに死にそうだったw)

お店自体には何度か訪れているため、当日もめんどうな事もありません。

指定されたマンションには何度も足を運んでいる(メンエスで)ため

迷う事もなく到着!

時間になりインターホンを鳴らすと、女の子がお出迎えです。

「あっ、はじめまして~!」

相変わらず、かなり良い感じ。

某ハーフ系タレントさんに、お顔立ちやお化粧が似ています。

要約すると、ハーフ系超絶美女さん♪ って感じですね(^^;)

(はじめてお会いした時はびっくりしました汗)

しかしキラキラしすぎず、おとなしすぎず

まぁ不快感を感じる方は、まずいないんじゃないでしょうか。

少し世間話で盛り上がります。

話をしていると、このお店以外でも業界経験はありそうな感じを受けました。

(完全に憶測であり、本人からきいた話ではありません)

空気がほぐれてきたところで、シャワーなどを済まし

念願のマッサージスタートです。

 

強めの指圧から始まり期待感はMAX!

まずは指圧ですが・・・

僕好みの強めです。

オイルが好きなのはもちろんですが、結構凝っている僕にとって

指圧が強いのは超GOODポイントなのです。

好みの場所やリクエストにもお応えしていただき、十分ほぐれてきたところで

欲望を掻き立てるオイルが投入されます。

オイルに関しても、良い手さばきです。

個人的な感想ですが、通常のオイル施術とは違った印象を受けました。

通常であれば、オイルを使いながら「ぐぐっと押し込むような動作?」がメインな気がしますが

この方は指先での繊細なタッチが多めです。

適当になぞっているわけではなく、きわどいラインを施術する際は必ず入る優しくER○すぎる手ほどき…

男が喜ぶゾーンに、男がよろこびそうな手つき

で侵攻してくるんです。

メンズエステ、たまらん!w

楽しみ方は人それぞれですが

このぞわぞわ感じと、生殺し感を楽しみにメンズエステに来ているといっても過言ではないです。

指先でのフェザータッチがメインになり、生殺しポイントも急上昇。

この時点で棒はBNBNどころか、爆発寸前になっています(^^;)(^^;)

それにしても、明らかに意図的なタッチが増えてきました。

こんなにER0いタッチを仕掛けてくるセラピストさんは・・・

「あの確率」は非常に高いですよね(笑)

頭で色々考える余裕もなくなってきたところで、手は予想通り股間全体に侵入してきます。

最初からSKBのいっちばん深いところを

(つ~~~~~~~~っ・・・)

と、手がゆっくり侵攻。

イケナイ部分にやや当たってしまったかと思えば、またSKBを

(つ~~~~~~~~っ・・・)

っと、帰っていきます。

なんと淫らな往復なんでしょうか…(^^;)

ゆっくりめの施術にも関わらず、あんなに腰が動いてしまったのは久しぶり

いや、初めてのレベルかも(^^;)

2往復、3往復・・・

往復回数が重なるごとに、イケナイ部分への侵入具合は大きくなっていきます。

我慢をして施術に臨んだせいか、恥ずかしながら途中で意図せぬ声が漏れてしまいました(;^ω^)

僕の反応をみたセラピストさんは

「ん?? 触ってほしいですか??(笑)」

と、女神さまのようなご質問。

あぁ女王様・・・仰せのままに・・・!

という感じで、完全にスイッチが入ってしまいました(笑)

お互いの意思を確認したあとは、袋を集中的に

ぬちゃぬちゃ…

ここでは

ぬちゃぬちゃぬちゃぬちゃぬちゃぬちゃぬちゃっ!

という音を立てながら、【我慢しがたいモゾモゾ感】に襲われます。

どうやら、両手・10本の指で集中攻撃されている模様です…

これはたまらん(^^;)(^^;)(^^;)

快楽の嵐に耐え切れず、ギブアップを宣言するもまだ許してくれぬ徹底ぶり(嬉)

気づけば腰は浮いてしまい、自ら4281の状態に(泣)

※きもいw

 

自然と4281に移行し…這いずり回る指が快感をもたらす!

ま、まさか、最初からこれを狙って・・・
なわけないですね(笑)

さらの深部まで手は伸びてき、先っちょに挨拶を済ませた後は…

ゆっくり亀あたまさんを指が這いずり回ります(^^;)(^^;)

一番BN感な部分のため、声を荒げながら 半ば暴れているに近いリアクションを取ってしまいます。

(なかなか気持ち悪かったはず…w)

限界を迎えてからさらに焦らしを重ねられたため、棒はもう釘がうてそうな程カッチカチに(汗)

そこにトドメを刺しに来るかのように

超アグレッシブな手○○!!!!!

突然のことに、脳が追い付きませんでした。

ちょっ…!!! あっ!! イ○!!!!!

そう叫ぶと、止まる手

「…え?もう??(笑)」

手のストロークが始まってから、わずか5・6秒でしたので

セラピストさんもまだいけると思っていたのでしょう(^^;)

危なかった、、、、撃沈寸前でした(笑)

 

仰向けで、気を取り直し第二ラウンド!

そこからは仰向けになり…

キュートなお顔とご対面。

散々焦らされ、ご対面した時には見下ろされている。

仰向けで再度ご対面する瞬間は、何とも言えぬ興奮に襲われます(汗)

いつ破裂してもおかしくない風船のように膨らんだ袋、釘が打てるレベルの硬直を見せる棒。

そんな状態でのご対面。

リミッターは完全に外れてしまいました。

様子を見ながら彼女の両方の山に手を伸ばすと・・・

これは、いけるパターン。

これが拍車をかけ、あっという間にお互い産まれたままの姿に。

綺麗なTKBをイジイジすると、こちらのTKBにも積極的にアプローチ。

そして、お願いせずとも…僕のTKBを生暖かい舌が這いずり回ります。

なかなか激しいレロレロ攻撃に、触れられずともノックアウト寸前(^^;)(^^;)

そのまま棒本体にも手が伸び…

アグレッシブな、TKBな○手子機!!!!

これはほんまにやヴぁい(^^;)

一矢報いねばという事で、こちらもTKB○めで応戦。

フェザータッチからの焦らしが意外にも効いていたのか、彼女もBNBNになっています。

反応をみていると、結構感DOは良さそうですねぇ…

いよいよここから…という感じの表情を見せてくる彼女。

横になるよう指示を受け、横に添い寝してくれます。

めちゃんこカワイイ子との添い寝は、たまらんですねw

セフレは無理でも、ソフレになってくれたらどれだけ幸せか( ノД`)

まるで恋人かのようにお互いを触りあったところで、顔を近づけて下さり

ハムハム…

と口が触れ合います。

様子を伺いながらだんだん激しくなり、、、、気が付けば

超濃厚なDKを交わし合い、口内はDA液まみれに!!!!!!!

柔らかい唇が超気持ちよく、風俗などであるような直接的な刺激ではなく

脳に電撃が走るような気持ちよさ・・・

DEEPなKをしながらも、BNBNな竿への攻撃も忘れません。

属性が違う、ダブルの快感が押し寄せるこの感じ…

これは相当癖になります(^^;)
(僕は、すっかり洗脳されちゃいました笑)

再びπを十二分に堪能させていただいたところで・・・

手は再び、棒がそそりたつゾーンへ。

 

袋や棒をふんだんに咥えられ・・・鳴き声を聞きながらSKR!

破裂寸前の、二つのゴールデンボールを指先でもてあそばれ…

これまたなんとも言えぬ快感(^^;)(^^;)

そして、僕の欲望を包み込むように…

じゅぽ・・・・・

パックんちょされ、生温かい感覚が息子を包み込みます。

はやく仕留めようとする素振りは特になく

ゆっくり・ゆっくりと  息子の命を削っていきます。

じゅぽ…じゅぽ……

ストロークはしっかりしながらも、スローなスピード(^^;)

これがまたたまらん・・・w

舌がURA筋や亀さんにも舌が這いずり回せながら

徐々に吸引力がUPしていきます。

限界に達した僕は

美女の上目遣いで恍惚とした表情見下ろしながら…

大爆発!!!

といきたいところでしたが、遠慮のリミッターが外れてしまっていたので

よからぬ提案をしてみます。

すると、承諾をいただき

我々はお互いの股間が口に来る体勢に(6○ともいうw)

しゃぶりつきたかった彼女の秘部・・・

やっとの思いでありついたら、結構湿っている果実。

互いのモノを口に含みながら、僕の竿もいよいよ限界が近づいてきました(^^;)

彼女の方も結構しあがってきたらしく…

指もすんなりという感じで、お豆さん攻撃+果汁吸いの二点攻撃をさせていただきます。

すると、予想外にからだをくねらせ良い声で鳴くような反応(笑)

(これは結構好きなのか・・・?)

まるで大好物かのようにずっとアレを口に含み、ストロークを続けていた彼女ですが

ここで余裕がなくなってきたのか、初めてストロークがとまります

股を閉じ、何かを我慢しているかのような様子で鳴き声が漏れる室内・・・。

もう、色々ぶっ飛んじゃいそうです(^^;)(^^;)(^^;)

このまま一気に…なんて考えていると、負けじとばかりに

じゅ…ぽ……

じゅぽ…じゅぽじゅぽじゅぽっっっ!!

と、激しめのストロークで反撃に転じる彼女。

(;^ω^)これはやべぇって(;^ω^)

すごい勢いで敗北してしまいそうになったため

誘導し、仰向けになってもらいます。

上に乗っかり、こちらのみ攻撃ができる状態で

再び二点を堪能。

ふ、ふあぁあ…////

と、相変わらず最高の反応…

手と口の動きをはやくしていくと・・・

うぁ…あ゛あ…あぁぁぁあああぁっっんっ!!!!

と、鳴き声を超えて、絶叫レベルに到達。

思う存分に楽しませていただいたところで、またもやよからぬ提案。

・・・・・・・・・・

準備を済ませると

(ぬぷぬぷ…)

という音を始まりに、シャーマンキングばりの憑依合体!!

ついに互いの体温を感じながら、上下の口共にむさぼり合う状況に。

上から改めて見下ろした彼女はやはり【上モノ】という感じ。

この状況で欲求を我慢できる男子は存在するのでしょうか・・・w

綺麗なお顔をされていますが、表情からはどんどん余裕がなくなっていき…

あっというまに、先ほどのような絶叫が(^^;)

彼女の歪んだ恍惚な表情を目の前にし、脳に欲情を命令するようなフェロモンを感じながら…

あっという間に大爆発してしまいました(^^;)(^^;)

 

まとめ

施術ランク:SS+

評価基準は「施術内容の評価基準」を参考にどうぞ。

圧倒的なルックスに、行き過ぎやりすぎコージーな施術(嬉)

こんな状況になったら、さすがに我慢できません(^^;)(^^;)
ちなみに、たまにですが【最初から最後まで○※△※…】なんて日もありますw

さすがに初回からは不可能、というか失礼ですので
控えましょう(笑)

個人的には指名料が1万円でも、通い続けたいです(笑)

セラピストさんの情報が知りたい方は以下からどうぞ!
【SS+】㉞の情報

<<注>>
㉝と同じく、よほどのことがなければ全ての方にやりすぎこーじーだそうなので
【健全こそ正義!】精神の方はご注意ください(^^;)

なお、お気に入りセラピストさんのため、反響が大きければ公開を停止いたします。
ご了承下さいませm(__)m

【闇のリスト】公開中

セラピストの施術内容を箇条書きでご紹介♪
コスパも最高の大人気コンテンツ!

闇のリスト一覧を確認してみる

 

お得なまとめもやってます♪

気になる情報をお得にゲット!
お得なまとめ割も実施しています♪

まとめ情報を確認してみる

-SS

Copyright© SKB突撃隊・調査記録 , 2021 All Rights Reserved.