A

【A】⑧上級ルックスの巨乳美女に見つめられながらのやばい体験

※念のため記載しておきますが、これは妄想です。いち作品としてお楽しみください※

今回は、いわゆる「上級セラピストさん」の施術体験記事になります。

良い評判が気になり、以前から施術をうけてみたいと思っていたのですが
なかなかタイミングが合わず…( ノД`)

事前予約を取る事が出来たため、念願の予約成立となりました。

手間をかけて?予約を取っただけあって
ウキウキしながらマンションへ向かいます。

今回の場所はいつものエリアとは違い、個人的にもあまり訪れないエリアのため新鮮です。

さて、マンションに到着しご対面です。

「ピンポーン」
「はぁい、どうぞ~~~」
「がちゃ」
「来てくれてありがとうございま~す?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かわいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!

予約してよかった・・・・・。
妥協しなくてよかった・・・・・。
この子に施術してもらえるならもうSKRなんてなくて良い・・・。
次はいつ来ようか・・・・・。

まだはじまってもいないのに次の予定を考えてしまうレベルでドンピシャタイプでした(#^.^#)
身長は150センチくらいと小さめ、ピッチピチの衣装に推定E~Fのたわわなお胸の持ち主です。

これだけでなく、ぱっちりした目とかわいらしいルックス。
上目遣いで話しかけられ、僕は一瞬で心を奪われてしまいました(笑)

ルンルン気分でシャワーを済ませ
マッサージが始まります。

指圧から始めてくれます。
力は少し弱め、しかしこのレベルの女の子であればそんなことはどうでもよくなりますw
良い感じに会話も弾み徐々に緊張もほぐれていきます・・・

いよいよオイルのスタート。
恥ずかしながら、すでに棒が反応しつつあります(^^;)

オイルをすべらせながら筋肉の筋をぐりぐり・ぐりぐり……
可愛い女の子にこんな気持ち良いことをしてもらっていると考え棒はさらに固くなっていきます汗

そして一通り足のオイルが終わると
お待ちかねのKWエリア施術の開始です。

特にKWいラインを触られたわけでもないのに腰が浮いてしまいます。
(第三者が見たら相当気持ち悪いはず……w)

やがて袋のあたりに指がやや侵入し・・・

!!
本格的な攻撃が始まりました。

「にゅるっ・・・にゅるっ・・・」

と少しインターバルをはさみながらも的確にボールを転がしてくれます。

アリの渡哲也さんあたりも指?でなぞり・・・
再び「にゅるっ・・・にゅるっ・・・」

スローながらも確実に男心をくすぐってきます。

カエル足では攻撃が激しくなり

「にゅるっ・・・にゅるっ・・・」

「にゅるっ・・・にゅるるるっにゅるっ…!!!!」
といった具合になります。

段階つけて興奮レベル上げるパターンですね。
たまらんっ!!

棒にもかすめる程度に攻撃をされ、ためーに全体を上下にマッサージ
いつくるかわからないというドキドキ感あいまってもう爆発寸前です。

4281もありました。
さらけ出されたSKB…というかもはや全体に同じようなこ攻撃を仕掛けられます。

時折体を震わせて反応してしまう私に
「ふふっ、結構敏感さんなんですね♪」と追い打ちをかけてくれます(嬉)

これ以上ない興奮の中いよいよ仰向けです。
仰向けになると、セクシーでカワイイセラピストさんが視界にはいってきます。

かがみこむような姿勢が多いため E~Fはあろうたわわなお胸にも目が行ってしまいます。

袋を両手、10ほんの指でもてあそばれます。
限界を突破し棒はもはや
<50倍界王拳状態>
ですw

本格的に棒を両手でつかまれ・・・
上下のマッサージがはじまったその時でした。

(ぴゅっ)

セラピストさん「あっ、、、、笑」

油断したorz

まさかの暴発……

そのあとも上下にしっかりマッサージされ、この世のしがらみを全て放出するかの如く
二段階SKRとなりました。

施術ランク:A

【Aランク】ですが、このルックスとスタイルを考慮すれば
それ以上の価値ありです。

基準は↓に掲載しております。
★評価基準★

セラピストさんの在籍情報が知りたい方は以下から!
【A】⑧の情報

【NOTEはこちらから】
【A】⑧の情報

【A】⑧の情報【BOOTH版】
(BOOTHの方がお得です)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 大阪ナイトライフ情報へ
↑他の体験談はこちら↑

【闇のリスト】公開中

セラピストの施術内容を箇条書きでご紹介♪
コスパも最高の大人気コンテンツ!

闇のリスト一覧を確認してみる

 

お得なまとめもやってます♪

気になる情報をお得にゲット!
お得なまとめ割も実施しています♪

まとめ情報を確認してみる

-A

Copyright© SKB突撃隊・調査記録 , 2022 All Rights Reserved.